プロテイン

自分に合ったプロテイン選び

飲むプロテインによって役割が違うので特徴を把握してから飲むようにしましょう。

ソイプロテイン

ソイプロテイン プロテインも今は進化してきて、飲みづらい、溶けづらいプロテインから飲みやすく溶けやすく、まるでジュースのように楽しめるプロテインがほとんどです。

せっかく運動をするのであれば絶対に摂っておいたほうがたんぱく質です。

たんぱく質は筋肉の元となるものですから、運動中は積極的にとっておくことが望ましい中でどれから選んでいいのか分からないと言う人もいるでしょう。

たんぱく質が多く含まれている食材の中で牛肉・魚・卵がありますが、毎日しっかりと摂ると言うのは大変ですし、激しい運動直後はあまり食べ物を摂りたくないという人もいるでしょう。

そういった人でもスムーズに摂取できるのがプロテインです。

色々な種類があるので紹介していきますが、やはり基本的に体を絞るということで大切なのがソイプロテインです。

大事には油脂のほかにたんぱく質が35%程度含まれていて、その大豆から油脂を絞った後にたんぱく質を取り出したのがソイプロテインです。

ダイエット中や筋トレというのは積極的にたんぱく質を摂ることが大事なのですが、コンビニやスーパーなどで手軽に取れるのはやはり肉が多いと思います。

コンビニなどでは糖質制限向きのサラダチキンなども販売されていて手軽に摂ることが出来ますが、肉の動物性タンパク質を摂取しようとすると、飽和脂肪酸やコレステロールなど、過剰摂取による生活習慣病が懸念される栄養成分が多く含まれています。

ですから普段から肉メインの食事を摂っている人はソイプロテインなどで調節をしたほうがいいとされています。

そもそも大豆は飽和脂肪酸含有量が低く、コレステロールを含まれないことから、脂質異常症などの生活習慣病にはつながりにくいというメリットがあります。

ソイプロテインはたんぱく質の含有量はホエイプロテインやガゼインプロテインと比べると少ないかもしれませんが、体を絞るという点では十分な量ともいえます。

普段からかなり肉を摂っているという人はソイプロテインで調節したほうがいいかもしれません。

ホエイプロテイン

ホエイプロテイン ホエイプロテインは、牛乳に含まれるタンパク質の一種です。

ヨーグルトの上澄みにできる液体のことをホエイ(乳清)といい、このホエイに含まれるタンパク質がホエイプロテインです。

ホエイには他に、ミネラルや水溶性ビタミンが含まれます。

ホエイプロテインには筋肉成分の多くを占めるアミノ酸が含まれており、筋肉修復効果も期待されています。

味に関してはプロテイン会社のどこも企業努力で非常に飲みやすくなっています。

メリットとして体内への吸収速度はスムーズで胃腸にもたれにくいというのが挙げられるでしょう。

値段が高いという声もありますが、一杯あたりの値段に換算するとそこまで大きな違いもないと思います。

ホエイプロテインを利用するにあたってオススメしたいのがトレーニングで強い肉体を手に入れたい方向けです。

特にホエイプロテインを選ぶときにオススメなのがWPH製法で作られているものです。

値段は高めですが、ホエイ含有率が約95%と他と比べると高いのでよりたんぱく質の吸収率が高いです。

カゼインプロテイン

カゼインプロテイン 日本ではソイプロテインとカゼインプロテインが非常に有名で多くの人がこの2種類しか知らないという人もいると思います。

ここ最近ようやく注目され始めたカゼインプロテインもしっかりと把握して欲しいです。

カゼインプロテインは体への吸収スピードが非常にゆっくりゆっくりしています。

ホエイプロテインは2時間ほどで吸収されると言われていますが、カゼインプロテインは約7時間~8時間かけてゆっくり吸収されます。

ついつい吸収スピードが速いほうが良いと思う人もいますが、血中のアミノ酸濃度を長時間、基準値より高い値で維持できるため、効果が長続きするというメリットもあるのです。

ゆっくりと長く効いて来る為にスタミナタイプと言われています。

ゆっくり効いて来るということは満腹感が続き腹持ちが良いという点があり、筋量を落とさずに減量できる手助けとなります。

カゼインプロテインはトレーニング直後に飲むのは向いていません。

しかし、就寝前はダイエット中お腹が減ってしまうという場合に飲むことで満腹感が得やすいです。

人や用途によって使うプロテインもまちまちといえるの色々なタイプをまずは利用してみましょう。

カゼインの吸収スピードが遅いので使用目的は違いますが、ソイプロテインとホエイプロテインは初心者の人はそこまで意識してこだわらなくてもいいと思います。

好きな味のタイプを利用してみてもいいのではないでしょうか?