胸筋

厚い胸板を作れ

筋肉量も多いので鍛えやすくすぐに効果も現れやすいです。

腕立て伏せ

腕立て伏せ かっこいい男性をアピールしたいのであれば何よりも厚い胸板がいいですよね。

やはり胸板というのは女性も視線が行くものです。引き締まった体であり、マッチョの象徴でもあるわけで、細マッチョを目指す人でも胸筋は鍛えておかないと恥ずかしい箇所でもあります。

胸筋というのは上半身のほとんどの筋肉を占める部位でもあるので、実は上半身の中でもすぐに成果が現れやすくアピールしやすい部分でもあります。

やればやるほど成果となって現れると思いますので是非とも鍛えておきましょう。

胸筋を鍛える上で最もポピュラーなトレーニングが腕立て伏せです。

腕立て伏せは名前からどうしても腕を鍛えるものと思っている人が多いですが、腕立て伏せは胸筋を鍛えるのに最適なトレーニング方法です。

しかし、正しいフォームで行わないと負荷がしっかりとかからないので正しいフォームで行いましょう。

よくやってしまうのが腕だけで勢いよく回数行ってしまう人がおおいですが、腕ではなくて胸で上下するようにイメージすることが大切です。


最も基本的なトレーニングで初心者でもなじみの深いトレーニングですが、正しいフォームでやるとかなり厳しいのでしっかりと胸筋を意識して行うようにしましょう。

ディップス

ディップス ある程度、体が絞れてきて、もっと高い負荷を筋肉に与えて刺激させたいと思ったらディップスです。

ディップは椅子で使ったものがありますが、これは主に二の腕周りを鍛える上で効果的なものと大胸筋を鍛えるものがあります。

椅子を使ったディップスも簡単で辛くないように思いますが、しっかりとしたフォームで行うとかなりきついです。

またディップス専用のマシンを使ったものだとある程度筋肉が無い人ではないと出来ないと思います。

まずは体を絞ってからディップスにチャレンジするようにしましょう。

このディップスは三大筋肉トレーニングと呼ばれているほど大胸筋から腕周りまで多くの筋肉を刺激することが出来ます。

スポーツジムに通っている人は是非とも行っておきたいトレーニング方法です。

【二の腕用】


【ディップス】

このディップスがしっかりと正しいフォームで回数をこなせるようになったらかなり大胸筋は引き締まると思います。

ベンチプレス

ベンチプレス スポーツジムでも定番のトレーニングでもあり、多くの人が上半身や腕周りを鍛えたいと思ったらベンチプレスを行いたいと思う人もいるでしょう。

スポーツジムで行おうとするとどうしてもマッチョな方々が行って取り囲んでいますが、普通に声をかけたら色々とフォームを見てくれたり補助してくれるので勇気を持って声をかけましょう。

やはりマッチョな人とトレーニングをすることが体を絞るトレーニングにむいています。

ベンチプレスも腕の力で反動をつけて持ち上げようとしますが、大事なのは腕ではなくて胸を意識して持ち上げることが大切です。

反動をつかって持ち上げても負荷にはなりませんのんで注意してください。

また必ずベンチプレスを1人で行う時は脱出方法を動画で見ておきましょう。

限界まで持ち上げようとして無理をすると怪我の原因にもなってしまったりするので注意が必要です。

目標は自分の体重+10kgですが、最初は自分の体重でもかなりきついと思いますので決して最初は無理せずに重さよりもフォームを意識してください。

上半身が鍛え上げられていくとどんどん自分にも自信がついてきます。上半身を鍛えたいと思ったらまずは胸から鍛えるようにしましょう。