足腰

人体で最も大きい筋肉

人体の筋肉のおよそ70%は足に集約されているのでまずは足から鍛えるようにしましょう。

スクワット

スクワット 体を鍛えたいと思ったらついつい上半身を男性は鍛えがちです。

もちろんその気持ちも分かります、やはり見られる場所といえば上半身が中心で下半身なんてなかなか見られませんよね。

男性もどうせならば上半身から鍛えたいと思う気持ちも分からなくないです。

もともと痩せている人ならば上半身を多く見せてもいいかもしれませんが、太っていたり、体が絞りきれていない人は下半身から鍛えるのが効率がいいです。

人には基礎代謝という過ごしているだけで多くのカロリーを代謝します。

その基礎代謝を上げるためには筋肉量を増やすことが出来ます。極端な話基礎代謝が上がれば何もしなくても痩せていくわけです。

だからこそ筋肉量を増やすことが痩せるための第一歩と言われています。

効率よく痩せようと思ったら脚周りを鍛えることが大切です。その中で最も効率的で今すぐ出来るのがスクワットです。

スクワットは最も多くの筋肉を一度に動かし鍛えることが出来る非常に優れたトレーニングであり、自重でも十分に付加を与えることが出来ます。

スクワットを1日100回毎日トレーニングをする事が出来れば痩せていくことでしょう。

とはいえなかなかスクワットを100回するのは難しいと思います。

学生時代にスポーツ系の部活とかでスクワットはやらされていたと思いますが、多くの人が正しいスクワットをしていません。

未だにコーチなどでも正しいスクワットを認識していないと思います。

正しいスクワットに関しては動画を見ながら覚えたほうが良いと思いますので動画で覚えるようにしましょう。

スクワットは必ず体を絞ろうと思ったら行って欲しい下半身トレーニングの基本中の基本です。


最初は下半身で体を絞るというのがあまりイメージが沸きづらいかもしれませんが、是非とも鍛えておきましょう。

ブルガリアンスクワット

ブルガリアンスクワット ブルガリアンスクワットはようは本来両足に来る付加を片足で受け止めるものですので当然通常のスクワットよりも負荷が強くなります。

これはスクワットの中でもかなりキツイのでスクワットのトレーニングを続けてきて飽きてきたなぁ~って思ったときに始めてもいいかもしれませんが、基本的にスクワットをした上で次のステップで行うようにしましょう。

ブルガリアンスクワットは色々な種類がありますが、最初は椅子に片足を乗っけてスクワットをするようにしましょう。

またこのときに大切なのは姿勢です。姿勢が乱れてしまうと負荷が逃げたり膝に負担がかかったりしてしまうこともあるので気をつけてください。

体をちょっと前のめりにすることで腰の負担を分散させて足にきちんと負荷を与えることが出来ると思いますのでしっかりと行うようにしましょう。


ブルガリアンスクワットの場合はお尻周りも鍛えることが出来るのヒップを鍛えたいと思っている女性にも人気があるトレーニング方法です。

レッグエクステンション

レッグエクステンション スポーツジムなどに通っていて下半身を鍛えたいと思っている人はレッグエクステンションを行うようにしましょう。

太ももに特に鍛えられるので重点的に鍛えたいという人に向いています。

しっかりと腰を椅子につけた状態で反動ではなくて太ももを意識した状態で行うことが重要です。

勢いをつけて行っても負荷にはならないのできちんとした姿勢で足だけの力で動かすようにしてください。

無理に重たいものを使うのではなくて自分がしっかりとしたフォームで10回行えるぐらいに調節して行いましょう。

重たいものを1回上げれば良いというものではなくて10回×3セットを行うようにしましょう。


ただし、基本はスポーツジムにいってレッグエクステンションを行うという人はかなり本格的に鍛えている人と言えます。

スクワットやブルガリアンスクワットを行って筋肉痛になりづらくなったとか、もっと高負荷を与えたいという人向けとも言えるので、基本はスクワットとブルガリアンスクワットでも十分に効果を得ることができます。

体を絞りたいと思っている人からしてみれば下半身トレーニングは遠回りをしているように見えるかもしれませんが、近道なのでしっかりと行っておきましょう。