腕まわり

逞しい力こぶをつくり上げろ

筋肉量は体の中では少ないので必ず意識を大事にして行うことが大事です。

コンセントレーションカール

コンセントレーションカール 上半身の中でもあまり筋肉量が無い部分が腕周りとか肩周りになります。

最初から腕や肩周りを鍛えるのは太っている人などには向いていません。太っている人が最初に行うのはやはり体を絞るためにもランニングなどの有酸素運動が一番いいでしょう。

とはいえやはり男として逞しい二の腕とかは鍛えたいという人は多いでしょう。

筋肉量的にはそこまで多くは無いですが、行うからにはしっかりとしたフォームで行うようにしましょう。

コンセントレーションカールは初心者でも始めやすいトレーニング方法です。

トレーニングの見た目的には地味ですし、本当に効くの?って思うかもしれませんが正しいフォームでやればかなりの負荷を与えることが出来ます。


ヒジをしっかりと固定して反動を使わずに筋肉が動いてることを意識しつつゆっくりと行うようにしましょう。

またコンセントレーションカールを行う時に気をつけて欲しいのが手首を曲げないようにしましょう。

ついつい力を入れようと手首を巻き込んでしまいますが、手首は曲げないで固定してください。

手首などは怪我をしやすい部分なのであまり負荷をかけないほうがいいでしょう。

ダンベルカール

ダンベルカール 男性といえば力こぶ、つまりは二の腕を太く逞しく見せたいですよね。

ダンベルカールはダンベルトレーニングの中でも最もポピュラーな種目の1つであり、初心者も上級者も行っているトレーニング方法です。

勢いをつけて反動でやっても意味無いのでしっかりと反動ではなくて腕の力、そして力こぶが出来る上腕二頭筋を意識して行うようにしましょう。


ダンベルカールを行う上でのポイントは「ヒジの位置を固定する」ことです。

被疑が動いてしまうと筋肉にかかる負荷が肩へと逃げてしまいます。

また肘を伸ばしきるのも負荷が逃げてしまうので注意して肘が完全に伸びきる手前でストップするようにしましょう。

もう1つ忘れていけないのが姿勢です。猫背とかになってしまうと腕の筋肉が上手に使えません。

お腹に力を入れて背筋をまっすぐ伸ばした状態をキープしたまま行うようにしてください。

ショルダープレス

ショルダープレス やはり男性は肩幅が大きいほうがかっこいいですよね。

肩幅の広い男性がスーツなどを着ると本当にかっこよく映えるものです。

肩は名かなk鍛えづらい部分かもしれませんが、しっかりと肩の筋肉の三頭筋を鍛えることで大きくなります。

肩周りが大きければ逆三角形も作りやすくなるのです。


ポイントは体よりもやや前にダンベルを上下させることで的確に肩周りに効いてきます。

また年齢を重ねると肩は痛めやすいので最初は無理に重量のあるものを上げるよりも正しいフォームで出来ているかを意識しつつ行いましょう。

やはり男性は逞しい腕周りは見て欲しい部分でもありますのでしっかりと鍛えるようにしましょう。